「消費者懇談会」が開かれました

令和2年2月21日太田市勤労会館を会場にして「消費者懇談会」が開催されました。参加された方々は
消費者団体、1団体より4名
関係団体より9名
群馬県電機商業組合より8名 合計21名の参加でした。

事務局の進行により、小菅流通委員長の開会の辞に始まり清水理事長、白浜邑楽支部長の挨拶に続き開会されました。

議事進行の入る前に群馬県警察本部の須永警部補より「特殊詐欺被害についての報告及び防止対策」についてのレクチャーをして頂きました。

議事は、白浜支部長が「暮らしと家電製品」の冊子を説明、関係団体5社の日常の活動報告を説明報告がおこなれた後自由討議に入りました。

自由討論では、消費者団体の代表の方から地域店に対する期待感を寄せる意見があり、「高齢者宅が多くなっており困りごとも増えているような気がする」「昔は町のでんきやさんが多く安心できていたが、今はどうなんでしょうか?」とのご意見を頂きました。

「地域電気店の現状と役割」の核心を突くような質問がはじめに出て、参加した組合員一同、「町のでんきやさん」の役割の重要性を再認識させられました。


コメントは受け付けていません。